世界遺産旅行情報 >

海外格安航空券で行く 世界遺産情報

格安航空券の基礎知識や種類・メリットなどを紹介していきます。格安航空券の知識があれば、海外旅行がお得になること間違いなし!

格安航空券で、上手に賢く世界遺産の旅を楽しみましょう。


世界遺産 格安航空券

格安航空券について

格安航空券とは、旅客機に搭乗する際に必要な乗車券の一種で、航空会社の運送約款に基づき乗客に対して発行される有価証券で、正規の値段よりも格安に販売されているものです。

航空券には搭乗する者の氏名、搭乗する区間、便名、座席等級、適用する運賃金額、有効期間等が記載されています。

陸上交通機関の乗車券と違って記名式であることが特徴で、券面に記載された人以外は使用することは出来ませんし、名義を変更することも出来ません。

また記載された区間以外には使用することができません。一つの旅程で格安航空券が複数枚ある場合は順序どおり使用しなくてはいけません。

航空券は、航空機に搭乗する際はチェックインという手続により搭乗券といわれる証票に換える必要があります。

LCC(格安航空会社)について

LCCとは、Low Cost Carrierの略称で、日本語では格安航空会社と呼ばれます。

その名の通り、効率的な運営により、低価格の運賃でサービスを提供する航空会社のことを言います。

LCCは、アメリカで1978年にジミー・カーター政権によって施行された航空規制緩和を契機の影響を受けて登場し、世界的にも航空規制緩和が進む中で各地に数多く誕生することとなりました。

LCCは、独自の事業戦略で、充実した運航ネットワークや多様なサービスを競ってきた既存の大手航空会社と競争を行っています。

その特徴としては、「特定区間に絞り込んだ路線の設定」、「使用機種の統一」、「大都市周辺の2次的(セカンダリー)空港や使用料の安いLCC専用ターミナルの利用」、「機内食などのサービスの廃止または有料化」、「インターネットなどを利用した航空券の直接販売」、「契約社員の活用などによりコスト削減」などを図り、格安運賃を可能にしています。


破格の低価格と使いやすさなどの魅力で世界中の旅行者に認知され、利用されているLCC(格安航空会社)は、今では旅行手段の一つとして確かな位置を占め、なくてはならないものとして愛用されています。

手軽でリーズナブルに世界遺産旅行を楽しむなら、このLCC(格安航空会社)を活用してみてはどうでしょうか?


サイトマップTOPへ戻る