世界遺産旅行情報 > アジア > 東南アジア > アンコール・ワット遺跡

アンコール・ワット遺跡

文化遺産

アンコール・ワット(Angkor Wat)は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築です。
サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味します。大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれています。

アンコール・ワット遺跡の動画



世界遺産 旅行概要

12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教寺院として30年を超える歳月を費やし建立されました。

1431年頃にアンコールが放棄されプノンペンに王都が遷ると、一時は忘れ去られるが再発見され、アンチェン1世(フランス語版)は1546年から1564年の間に未完成であった第一回廊北面とその付近に彫刻を施しました。孫のソタ−王(フランス語版)は仏教寺院へと改修し、本堂に安置されていたヴィシュヌ神を四体の仏像に置き換えたと言います。

1887年、カンボジアが仏領インドシナとされ、1907年にシャムからアンコール付近の領土を奪回すると、フランス極東学院が寺院の保存修復を行いました。1972年、カンボジア内戦によって極東学院はカンボジアを離れ、寺院はクメール・ルージュによって破壊されました。この時に多くの奉納仏は首を撥ねられ砕かれ、敷石にされたと言います。

1979年にクメール・ルージュが政権を追われると、彼らはこの地に落ち延びて来た。アンコール・ワットは純粋に宗教施設でありながら、その造りは城郭と言って良く、周囲を堀と城壁に囲まれ、中央には楼閣があり周りを見下ろすことが出来るため、陣地を置くには最適でした。また、カンボジアにとって最大の文化遺産であるため、攻める側も重火器を使用するのは躊躇われました。当時置かれた砲台の跡が最近まで確認されていました(現在は修復されています)。

だがこれが、遺跡自身には災いしました。クメール・ルージュは共産主義勢力であり、祠堂の各所に置かれた仏像はさらなる破壊を受けました。内戦で受けた弾痕も、修復されつつありますが一部にはまだ残っています。

内戦が収まりつつある1992年にはアンコール遺跡として世界遺産に登録され、1993年にはこの寺院の祠堂を描いたカンボジア国旗が制定されました。

遺産名アンコール遺跡
所属エリアアジア > 東南アジア > カンボジア
英名 Angkor
登録年1992年
登録基準文化遺産(1),(2),(3),(4)
備考登録から2004年まで危機遺産に登録されていました。

出典:フリー百科辞典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おすすめ


Warning: include(../ad1.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/angkorwat.php on line 154

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../ad1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php') in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/angkorwat.php on line 154


Warning: file_get_contents(../rl.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/angkorwat.php on line 159

サイトマップTOPへ戻る