世界遺産旅行情報 > アジア > 東南アジア > ボロブドゥール寺院遺跡群

ボロブドゥール寺院遺跡群

文化遺産

ボロブドゥール寺院遺跡群はインドネシアにあるユネスコの世界遺産(文化遺産)の一つです。ボロブドゥールはまた、その形状から世界最大級のストゥーパ(仏塔)でもあります。

ボロブドゥール寺院遺跡群の動画



世界遺産 旅行概要

ボロブドゥール寺院

ボロブドゥール遺跡は、中部ジャワの中心都市ジョグジャカルタの北西約42kmに所在し、巨大なムラピ火山に囲まれた平原の中央に立地します。遺跡総面積はおよそ1.5万m2。元々、高さは42mありましたが、現在は破損して33.5mになっています。
シャイレーンドラ朝の時代、大乗仏教を奉じていたシャイレーンドラ王家によって、ダルマトゥンガ王治下の780年頃から建造が開始され、792年頃に一応の完成をみたと考えられていますが、サマラトゥンガ王(位812年〜832年)のときに増築されています。
ボロブドゥールは、寺院として人びとに信仰されてきた建造物ですが、内部空間を持たない点が際だった特徴です。最も下に一辺約120mの基壇があり、その上に5層の方形壇、さらにその上に3層の円形壇があり、全体で9層の階段ピラミッド状の構造となっています。この構造は、仏教の三界をあらわしていると言われています。

5層の方形壇の縁は壁になっていて、露天の回廊がめぐらされています。方形壇の四面中央には階段が設けられており、円形壇まで登れるようになっています。
総延長5kmにおよぶ方形壇の回廊には、仏教説話にもとづいた1460面におよぶレリーフが時計回りにつづいています。


ムンドゥッ寺院

ボロブドゥールの東約3kmにあり、堂内に安置された3体の石造仏で知られます。特に中央の如来倚座像はその美しさで知られ、入口の左右の内壁に描かれたレリーフは鬼子母神と毘沙門天と考えられています。


パオン寺院

ボロブドゥールとムンドゥッ寺院を結ぶ直線の中間地点にパオン寺院はあります。一直線に並ぶその位置から、この一帯がこれらを含む多数の寺院群で構成された巨大な仏教複合構造物ではなかったのかという推測も持たれています。

遺産名ボロブドゥール寺院遺跡群
所属エリアアジア > 東南アジア > インドネシア
英名 Borobudur Temple Compounds
登録年1991年
登録基準文化遺産(i)(ii)(vi)

出典:フリー百科辞典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おすすめ


Warning: include(../ad1.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/borobudur.php on line 155

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../ad1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php') in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/borobudur.php on line 155


Warning: file_get_contents(../rl.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/borobudur.php on line 160

サイトマップTOPへ戻る