世界遺産旅行情報 > アジア > 南アジア > タージ・マハル

タージ・マハル

文化遺産

タージ・マハルは、インド北部アーグラにある、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、死去した愛妃ムムターズ・マハル(1630年)のため建設した総大理石の墓廟です。インド=イスラーム文化の代表的建築です。

タージ・マハルの動画



世界遺産 旅行概要

1632年着工、1653年竣工。建材はインド中から1,000頭以上もの象で運ばれてきたといわれ、大理石はラージャスターン地方産といわれています。その他、碧玉はパンジャーブ地方から、翡翠は遠く中国から、トルコ石はチベットから、ラピスラズリはアフガニスタンから、サファイアはスリランカから、カーネリアン(紅玉髄)はアラビアから取り寄せられたものだと言われています。全体で28種類もの宝石・宝玉が嵌め込まれていました。ペルシャやアラブ、果てはヨーロッパから2万人もの職人を集め、22年の歳月をかけて建造された「世界一ゴージャスな建物」とも云われます。

名前の由来は不確定ですが、王妃の名を縮めたものではないかという説が有力です。ムムターズ・マハルはペルシャ語で「宮殿の光」、「宮廷の選ばれし者」を意味する言葉であり、第4代皇帝ジャハーンギールから授けられた称号です。彼女の本名はアルジュマンド・バーヌー・ベーガムといいます。タージ・マハルを言葉どおりに訳せば「王冠宮殿」もしくは「宮殿の王冠」という意味になります。
1983年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、2007年に新・世界七不思議に選出されました。

遺産名タージ・マハル
所属エリアアジア > 南アジア > インド
英名 Taj Mahal
登録年1983年
登録基準文化遺産(1)

出典:フリー百科辞典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おすすめ


Warning: include(../ad1.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/tajmahal.php on line 149

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../ad1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php') in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/tajmahal.php on line 149


Warning: file_get_contents(../rl.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/tajmahal.php on line 154

サイトマップTOPへ戻る